TOP最新情報賀正!新年のめでたい超ご馳走肉「タラバガニロール」登場!

ABOUT マルウシミートの最新情報

賀正!新年のめでたい超ご馳走肉「タラバガニロール」登場!

 


新年明けましておめでとうございます!
2021年はコロナ禍ではありましたが、無事お店の営業を再開でき年末にかけて大変多くのお客様にマルウシミートの焼肉を楽しんでいただきました!
本当にありがとうございました!

そんなみなさまに感謝の気持ちを込めて、2022年の1月は超絶リッチでおめでたいご馳走肉をご準備いたしました!

採算度外視で、2022年の幕開けを祝うご馳走肉、それが、、、

『1日10食限定!タラバガニとイクラを豪快にリブロースで巻く!「タラバガニロール」』

でございます!

名前長っっww
是非みなさまに食べていただきたく思っております。

タラバガニロールのご予約はこちらから

 

マルウシミート名物ウニロールが無い。。

2021年はマルウシミートが永らく看板商品としていた「リブ芯の贅沢ウニロール」が、8月より提供中止を余儀なくされました。理由は、ウニが赤潮の被害に合い8月以降日本の市場から姿を消しました。

”「ウニがなくなった」赤潮被害深刻、ブリやタコも…増殖活動に危機” : ニュース  読売新聞オンライン

お寿司屋さんにもウニがない状況。。。
もちろん焼肉屋さんにうにが届くはずもなく。。

「これが食べたかったのに!!」とたくさんのお声を頂戴しました。
そこで、ウニがダメならカニだ!!とウニロールと同じくらい贅沢なご馳走肉を思いついたわけです!

 

「タラバガニロール」の全貌はコレだ!

「タラバガニロール」は、ウニロールと同じ、リブロース中でも一番サシが入り甘みを感じるリブロース芯を使います。

このリブロースを特製ダレでもみ込み、サッと炙ります。
上質な黒毛和牛の脂が溶け出し、香ばしく食欲をそそる香りがするお肉に、軽タラバガニを豪快にドーンと乗せます。

そこに、リブロースの脂の甘味、タラバガニの脂の甘みを繋いでくれる土佐酢ジュレとイクラをトッピングします。そうして出来上がったのがコチラ!!

ううう、うまそう。。。よだれがもう止まらないっす!!!
これらは全て、お客様のテーブルにて作り上げます!

タラバガニロールのご予約はこちらから

「タラバガニロール」を食してみる!

ジュレとイクラとタラバガニと黒毛和牛の脂がキラキラと、神々しい輝きを放つ「タラバガニロール」を食してみると、、、、

リブロースのジューシーで香ばしい脂が口の中に広がり、咀嚼をした瞬間!!ジュレの酸味、イクラの旨味、そしてタラバガニの濃厚な甘みと旨味がまるでジュースのように溢れ出てきます!

タラバガニとリブロースの旨味と甘みがこんなにも合うなんて。。。。
恍惚とした表情を浮かべている私がそこにいました。。。。
試食したスタッフも全員無言にwwww

1日10食限定でマルウシミート銀座2丁目店で限定販売!

コチラの「タラバガニロール」は、1月11日(火)からマルウシミート銀座2丁目店で限定販売いたします!
タラバガニもウニに続き数が少ないため、1日限定10食とさせていただきます。
食べてみたい!という方は是非こちらからご予約くださいね!(予約した方が確実に食べられます!)

タラバガニロールのご予約はこちらから

是非みなさまのご予約をお待ちしております。